「えとぴりか」へお買物。  


凜は数時間のお留守番。
外出のついでに、東京・本郷にある「えとぴりか」をのぞいてきました。

03

こちらは凜をお迎えしたお店。
いつ行っても店内はジャングル鳴き。元気な鳥さんがいっぱいです。
今回もワキコガネのレアな色の子、
愛嬌たっぷりのシロハラインコなど、可愛い子ばっかり。
このお店にはめずらしく、オカメさんもいました。

06

なかでも、シロハラインコのまだ幼い女の子。
一生懸命に翼をばたつかせて、ごはんを欲しがっています。
うーん、重い。
全長としては凛とさほど差はないのに、胴回りが太いです。
むちむち、どっしり。
体重も凛の倍くらいあります。

04

触ったら最後、連れて帰りたくなるほどの可愛さですが
なんたってわが家にはワガママ王子の凛さまがいらっしゃる。
ここはガマン!
その前にお値段が!

05

それに、わたしや執事より長生きするかもしれない鳥さん、
お世話の手間も考えたら、増やすには少し覚悟が要るんです。

帰宅したら、すぐに凛のお遊びの時間。
待ってたよ!待ってたよ!と大喜びの凜をにぎると、
あれっ。手がシロハラさんのサイズを覚えていました。
凛って意外に小さいのね…と思ってしまう。

02

マメから転向するときは、あんなに
「ウロコさんはデカい!」って驚いてたのに。
慣れるってすごいですね。

01

さて、新しく買ってきたフルーツペレット。
リング形って楽しいね。甘酸っぱい匂いが美味しそう!
…はは。
器用につかんで、ポイポイ捨ててくれますなあ。






にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

空蝉の術。  


ある朝、いつものように凜のお世話をしていたときのこと。

04

わたしがお世話の方に気をとられていたら、
ふと凜が足場の悪い場所に乗ってしまっていて。
あぶないよ!と凜をフォローしようと思った瞬間、ガターン!

凜はちゃんと素早く飛んで逃げていて無事だったのですが、
驚いたのはそのあと。

02

凜がそれまでいたポイントに、ふわさ~っと山のような羽毛が!
どうやら、危機を感じて逃げる際に抜けたらしい。
まさに「瞬間脱毛」とでもいいますか。

集めてみると、おなかあたりの羽毛がほとんど。
なんだか、忍者がピンチをしのぐ「空蝉の術」みたいです。
一陣の疾風とともに、着物だけ残して姿は消え…というやつ。

思わず凛の身体をチェック…別にハゲちゃったりは…していない。
キズとか、どこか痛めたとか、そういうのもなさそう。
ああよかった。

01

行動範囲がどんどん広くなって、わたしの手の届かない場所も
行きたい気持ちが満々。
自我が強くなっているから、それをやめさせようとすると怒るし。

あ、怒るというか、いきり立っているときって
「ゴーッ、ゴーッ」ってうなるように鳴きますね。

03

今朝はなんと、6時前にわたしと執事を鳴いて起こした凜。
そのぶん夕方はお遊びが終わるなり、6時半には寝てしまいました。

いろいろ、すごいなあ。と思う凜です。





にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

のしのし。  


毎日、面白いなあと思うのは凛の歩く姿です。

01

とくに、すこーし興奮気味の時の「のし歩き」は、
確実に笑えるんですが、同時にややスリリングでもあります。

頸を伸ばして、重心を低くして、肩を少しいからせて、
左右に身体を揺らすようにしながらの、ぐいーん、ぐいーん。
その頭の振り方は、なんというか「オラオラ」状態。

02

あきらかに「いま手を出したらアブナイ」的な
危険なニオイを発しています。

さらに興奮の度合いが高まると、赤い尾羽を広げちゃって。
こうなったらこちらも「うっ、注意」と、身構えてしまいます。
あのボディサインというのか仕草やポーズは、
鳥さんの感情や心情というよりも、
むしろ発情であるとか、本能的な表現なんでしょうね。

04

ほかにも、おでこ(というか嘴)を床につけて
つつーっと雑巾がけするみたいに歩いてみたり、
背の高い障害物(壁や柱も含む)に突き当たると
必ずカツカツと嘴でつついてみるとか、
意味不明な作業が多いこと多いこと。

それに、止まり木の上の移動もマメルリハとは少し違う。
マメはまるで平均台を渡るように
ちょこちょこと内股で“前向きに”歩いて渡ってきました。

03

凜は、止まり木の上はあまり”前向き”には歩いてきません。
歩けないことはないけど、うーん、
横にすすすっと移動することの方が多いような気がします。
鳥種によっての骨格の違いや身体のサイズのせいかな。

ウロコさんの面白さは、静止画よりも
だんぜん動画の方が伝わると思うのですが。

05

凜はとにかくカメラ好きで、カメラをおもちゃだと思ってる。
破壊されてしまうので、なかなか動画の撮影ができません。
いつか、凛の楽しい毎日を撮ってお見せしたいものです。





にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

飛ぶより速く走る。 


毎日、楽しく遊んでたくさん食べて、絶好調の凛。
ただいまのブームは「暖簾のぼり」。

04

間仕切りにしている長い暖簾の裾にパッと飛びつくと、
スイスイと器用に登る、登る。
一番上まで登りきると、お目当ての食器棚の天面も近い。
うーん、あそこに飛び移りたい!
でも、いつでも強制撤収。くやしいなあ。

いまの凜は、動きが素早くて予測不能。
先日は、テーブルの上でオヤツを食べさせていたときに、
ちょっとヒヤッとしたことがありました。

02

家の電話がルルル。
待っていた電話だったので、わたしがすぐに立ち上がって
電話を取りに行こうとしたとき。

凜が、ありえない速さでテーブルを降りて、床にひらり、ととととーっ。
あぶないよー!!!
ともすれば、踏んづけてしまうかと思った。
飛ぶより速く走る鳥。

電話とインターフォンの音は、たぶん凜にとっては
「許されざるもの」なんですね。
ぼくがお母ちゃんと遊んでるのにー!
そっちに行っちゃダメー!

03

顔つきが一瞬で変わるのがすごいです。
あの瞬間、凛と視線が絡み合うと、凛の感情がとてもよく伝わってくる。
顔に「絶対阻止」って書いてある。
電話を取らせまいと、インターフォンに出させまいと、
自分を置いてどこかへ行かせまいと。

本当に「気をつけなはれや!」って感じです。
予測不能な凛の、予想以上のスピード、すばしっこさ。

01

凜を飼い始めたとき、ドクターが
「ウロコさんは、病気より事故がこわい」って言ってました。
そのときはまだ人ごとのように感じていたけれど
いまはもう、そういうこともあり得なくはない、と思います。

普段に心配のない鳥さんだからこそ、
あらためて注意しなくちゃいけないことも、ありますね。





にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

手でもあり、足でもあり。 


これは、手なんだろうか。足なんだろうか。

01

凜のおやつの食べ方やオモチャの遊び方などを見ていて、
いまさらですが、素朴な疑問を持ちました。

鳥の器官的にはやはり「足」なんだろうなあ、とは思うものの
おやつを持って食べるときは、あれはどう見ても「手」ですよね。
止まり木に乗っているときは「足」だけれど、
オモチャをつかんで齧ったりしているのは、やはり「手」に見える。
ああ、顔を掻くときもまさしく「手」だわぁ。

手なのか、足なのか。
手でもあり、足でもある。

02

ところで、犬や猫さんの場合だと、
利き手(利き足?)がほぼ性別で分かれるんだそう。
「男子は左利き、女子は右利き」というのが定説らしいです。
へーっ!

ならば、鳥さんにも利き手(利き足)はあるのかなあ。

そう思いながら観察すると、
凜は意外に左を多く使っているような気がします。

おやつを持って食べるときは、左で持つことが多い(ような)。
顔を掻くときも、左を顔に持ってくることが多い(ような)。
飛ぶ時はかならず時計回り。ときどきは8の字飛行もあるけど。

03

人間だと「左回りの法則」というのがあって、
陸上競技のトラックが左回り(反時計回り)なのは
心臓が左にあるのでその方がラクなんだ、なんて説を
学生時代の部活で聞いたことがあります。

04

そうすると凜はもしかしたら「左利き」?
犬さんや猫さんと同じように、鳥も男子=左利きだったりするのかな?

いやいや、競馬のサラブレットなんは確かに
右回りが得意、または左回りの方が成績がいい、なんて馬もいるけれど、
あれは性別じゃないと思うしなあ。






にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking