1歳なりました健診。 

先月無事に満1歳を迎えたひなた、
かねてから予定していた 病院 に行ってきました。

さ~て いってみよ~!

大きく育ってきたスカイツリーを横に見ながら、高速を埼玉方面へ。
ひなたはキャリーケースに入って、助手席のわたしのひざの上。

車中でもずーっと顔を見て話しかけているので、
元気にケースの中で遊んでいます。
大物だねぇ。

スカイツリーがこんなに高くなったのねん。  車の移動もへっちゃらさ!

今回は、満1歳のヘルスチェック。
ただいま体調万全! なので、お迎え健診以来の血液検査もして、
主に内臓系をあらためてチェックしておきましょうと
以前から主治医の先生とはお話していたのです。

健康なときのデータを残しておけるし、
いつか必要になったら比較対照もできるように。

さわり心地いいんだって。

まずは体重は32.0gで、朝と変わらず。
先生がひなたを手に持った感じだと、

「もう少しだけ減ってもいい。31.0gでも大丈夫。
これ以上は増えない方がいいなあ」ってところらしいです。

マメといっても大きな子もいれば小さい子もいるし、
体調面の状態もありますもんね。
数字だけじゃなくて、実際の感触も大事だと思いました。
さわって体重が分かるようになりたいです。

へこんでなんていないもの。

糞も尿も良好、そのうもクリアー。
↑の写真は診察直後なので羽も乱れてます。ちょっと不機嫌(笑)。

採血はさすがの大物ひなたもちょっとへこんで、
戻されたあとしばらくシュン・・としていましたが、
大好きなソバの実をご褒美にあげたら、速攻でボリボリ食べました。
やはりダメージはあるので、採血後の回復具合は気になりますね。

幸い、検査結果を待っている間に復活!してくれました。
もちろん、結果はオールオッケー。

このまま健康でいきましょう!

やっぱりお家が一番でし。

検査結果はもちろんですが、今回とくに嬉しかったのは、

「この子はさわり心地がとてもいい」

と、先生が仰ってくれたこと。
羽のつや、やわらかさ、ふんわり感がいいと。

毎日いろいろな鳥さんを、みて、つかんで、さわっている鳥の専門医に
そう言ってもらえちゃった訳ですから!

やたー!
いやぁ、親バカっぷり大爆発ですみません。





 いつもご訪問ありがとうございます。
    気づけばいつのまにかカウンターが1万超え!
    これからもコツコツ書きますので、励ましの ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 トラコミュ マメルリハへ
マメルリハ


スポンサーサイト

夏の定期健診。 

七夕の日、夕方にひなたを連れて東京からさいたまへドライブ。
夏の検診 に行ってきました。

お天気はあいにくの雨~くもり。

部屋冷やしすぎてない?

最近はゲリラ豪雨が多いので、お出かけは少々気を使いますね。
いつも車中から眺められる建設中のスカイツリーも、
さすがに煙ってキレイに見えませんでした。

ひなたはキャリーケースの中でも元気いっぱい動いています。

すぐ近くに人がいて絶えず話しかけているので、
ストレスよりもむしろ、楽しさを感じているのかもしれません。

お宝はこの辺に埋めたはずなんだけど!

時々空気穴からスポイトでお水を飲ませました。
お医者様のブログ で、この時期は保温があだになって
蒸し鳥、蒸しハム(スター)、蒸しウサギが増えてるという情報も。
蒸し鳥、蒸しハム・・なんか美味しそうな響き(汗)。

待合室です!

いやいや、確かに車でドアtoドアなら心配なくても、
電車を乗り継いで行くのだったら結構大変です。

わたし一人で夏の暑い雨の日に
キャリーを持って、電車で通院・・

なんていうことになったら、
わたしもひなたも間違いなくアウトです。
つくづく、執事と車のありがたさを実感。

検診は糞便とそのう液の検査をしました。
顕微鏡で見て、今回も気になる菌はなし。

病院に到着。警戒中!

『季節的に何かカビ菌でも出てるかな・・』
と思っていましたが
まったく問題ないということで、ひと安心です。

先生に保定されてるひなたは大人しいのなんの。
先生が「むふふっ」と小さく笑いを漏らしました。

『むっちりですね~。 』

え?「蒸し鳥」じゃなくて「ムチ鳥」?


わたしとしては旺盛すぎる?食欲と体重が気になっていたので
食餌メモを見ながら相談すると、
「その管理なら問題ないでしょう。体重も今以上に増えなければ大丈夫」とのこと。

あー、よかった

ちなみに今は、食べる前の体重がMAX32.0g。

ペレットはトップオーガニック、ラフィーバのプレミアムダイエット、
ラウディブッシュのメンテナンスを3種ミックスで1日10g程度。
Twin Beaks Aviaryの乾燥ハーブサラダを別容器で、ケージの中にセットしています。

サプリメントの類は、ごくまれに乳酸菌を使うのみです。
朝晩の放鳥時には粟穂を1~2g、ソバの実を1~2粒。
たま~にシードも1gくらい、ご褒美で。
3時のおやつに、にんじんやブロコリなどの野菜をあげます。

ぎょえ~!

ペレットは体重の20%を目安にして6gくらいで充分なはずなのですが、
かなりこぼしたり、粉状になると食べなかったりなので、
正味どれくらい食べているのか把握しにくいです。

なにか正確に分かる方法はないかな・・と一瞬考えてみるも、
『そもそも大雑把なわたしは考えてもやらないな・・』と思いなおし(汗)。
まあ、お互いにもう少しだけダイエットはしようね、ひなた。

おっ!なんかある。

要は「健康な鳥を、健康に」という、いたってシンプルな暮らし方。
でも、これができるのが実は大きな大きな、幸運なんですよね。
そこを忘れず、これからも仲よく暮らしたいと思います。


さっ、ひなた!次回は11月くらいだよ!




 サッカー観たかったのに寝ちゃった!ひなたに ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

春の定期健診。 

ひなたを迎えて3ヶ月。
春の健康診断に 行ってきました!

桜は咲いたのにまだ寒い日が続いていたので、
湯たんぽで温かくしてお出かけ。

2010_04_02_04.jpg


目指すは埼玉県の 南浦和 あず小鳥の診療所
都内からわざわざ? いえいえ、うちからだと車で行きやすいんです。

先代の あーきち からお世話になっていますが、
ひなたはまだ 2度目の病院
2010_04_02_01.jpg

先生は見るなり
「ピカピカですねー。色つやがとてもイイ」と
飼い主が内心
ガッツポーズしちゃうようなおコトバ。

今回は ツメ切りと、
そ嚢液とフンの検査をお願いしました。


そ嚢液とフンの検査では、先生が見ている顕微鏡の画像を
卓上のモニターで見ながら説明を聞けました。 分かりやすい

ちなみにそ嚢液の検査もフンの検査も各1,000円。
再診料が同じく1,000円で、しめて3,000円。

予約なので 待ち時間もないし、次の患者さんまで空いていたので
十分に時間をとって、いろんな お話をしてもらえました。

2010_04_02_03.jpg


うちは検診を億劫がらないように 心がけているのですが、
その理由は・・・。
いざ具合が悪くなってからだと
先生といろいろお話ができなくなってしまうと思うから。

どこか悪い時って、やっぱり余裕がなくなりますもんね。

あーきち の時にももっと早くから検診に行っていれば・・と
とても後悔しました。
2010_04_02_02.jpg

いま思い返すと、あーきち が
最初に あず小鳥の診療所 に行った時、

診察室の中で飛んで大逃げしたんです。
ぶわ~っと。

うわ、飛んじゃった!ってわたしが慌ててたら、
あーきち すとん、と先生の肩に着地して。
なんか、落ち着いちゃったんですよね。


きっと隣にいた 執事と間違えて着地したんだと思うのですが、
たぶんその瞬間に、わたしは先生を 信頼したんだと思います。

鳥さんとお医者さんとの相性ももちろんですが、
飼い主とお医者さんとの相性もとっても大事。

聞きたいことがどうも聞きにくい、
言われたことが素直に耳に入ってこない。
そんなのイヤですよね。そういう相性も、
検診っていう場なら チェックできるかなあ、と思います。

2010_04_02_05.jpg


さて、ひなたは今日も元気いっぱい。

最近は ハーブサラダをばくばく食べています。
ハーブ鳥は お肉がやわらかくておいしい? きゃー

それはわたしの大好きな ケン○ッキーです!

そういえば、 東京スカイツリー。
病院に向かう 首都高から、その姿がよく見えます。

東京タワーの高さをすでに抜いたそうですが、
わたしにはまだ、東京タワーのような エモーションは
感じられないですね~。

どんな姿になるのか楽しみです。




明日への糧となりますので  ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


はじめてのお医者さん。 

さて、ひなたをお迎えして約2週間

環境にも慣れてきてコンディションも整ったようなので、
いよいよ初めての検診に行ってきました。

当日は冬晴れのちょっと寒い天候。

大きなボストンバッグにあんかと湯たんぽをセットして、
アクリルのキャリーケースをバスタオルでくるむようにしてイン。

病院までは高速を使って約45分。
道路情報もしっかりチェックして出発です。

2010_01_15_01.jpg


執事の運転で、わたしは膝にバッグを乗せ、
道中はず~っとひなたの様子を見ながら。

タオルで覆って暗くしてしまうと却って不安そうなので、
うちは車で移動の際は天面からお互いが見えるようにしておきます。

ひなたは「出せ~、出せ~」と元気いっぱいで留め具を齧りつづけ、
ついにビスを回して外してしまうという離れ業に成功。

この子は大物だ・・・

2010_01_15_02.jpg


検査は触診、そのう、糞便、血液、レントゲンのほぼフルコース。

いくつかの感染症検査をお願いしました。
レントゲンまでの必要はないのかもしれませんが、
いつか体調を崩したときのために健康時のデータが欲しかったので。

・・・とはいえ、結構イタタな出費ではありますよね。

でも、これで大きな大きな、ひと安心。
ある意味、ここまでがお迎えの儀式みたいなものかもしれないなあ、と思います。

2010_01_15_04.jpg



先生いわく「まだまだビジターですから、これからですよ」。

そうですね。もっともっと噛まれて、ヤンチャされて、その分いっぱい癒されて、
いっしょに暮らしていくんだなあ。と、ちょっと感慨。

ひなたは採血されて、ちょっと凹み
おやつをあげたらすぐに復活しましたけど。




明日への糧となりますので  ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村