ひなた保険。


昔々、会社の同僚に
「子犬の医療費のために財形貯蓄を崩した」って男子がいました。

まだ新人で独身でお給料も安く、アパートで質素な暮らし。

拾ってきた子犬を飼うことにしたけれど、病気なので、
『自分はキャベツだけで1週間過ごしてお金をつくった・・』 という話。
仲間同士でカンパを募りましたっけ。

・・・で、時は思いっきり流れて現在のひなた家。

今日もいっぱい遊んでね!

ひなたは、 アニコム の 「どうぶつ健保」に加入しています。

『鳥に医療保険?』ってわたしも最初は驚きましたが、
先代 あーきち の時に利用してとても助かったので、
ひなたをお迎えした時には即、申し込みました。

この上に登るのがマイブーム。

この秋から一部内容が改定されるらしく、通知がきたところです。

改定後は、通・入院の限度日数が無制限になったり、
支払い金額の割合が増えたりするらしいです。

爪のお手入れも念入りに。

さすが右肩上がりのペット産業!
こう書くと宣伝しているみたいですが、他意はありません。

ひなたの場合の掛け金は、月々2,000円足らず。
健康診断や予防的な施術には適用できないので、
まぁ健康でいれば「掛け捨て」にはなってしまうのですが、
万が一を考えると、その 安心感は大きいぞっ! と思います。

水浴び大好き!

以前、 お医者さま と保険について話し合ったことがあります。
鳥さんは弱い生き物で、些細なことで重篤な状態に陥ることがある。

その時に飼い主がどれだけ治療に取り組めるか、は、
『正直なところ、お金の問題を抜きにしては語れない・・・』 
という話し合いです。

こいつをつかめば登れるぞ!

ペットはペットである限り、飼い主がその全権を握っているわけで、
治療を受けるも受けないも飼い主次第。

医療保険に加入していれば、それだけでも
治療の選択肢はぐんと増えるのではないかと思います。

『家族同様なのに、まずお金の話なの?』 と
不快な方もいらっしゃるでしょうけれど、事実だと思うんですね。

僕もアフラックに出れるかな?

今日は少々カタい話題。

あひるが黄色いレインコートを着て走るアフラックのCFを見て、
ちょっと涙が出そうになったRakuでした。


 ボクは健康だから心配ないよ!と笑うひなたに  ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| 今日もひなたぼっこ。 3rd.Seasonホーム | 次ページ