かくれ毛引きちゃん。 



前回から約5週間ぶりで、病院へくちばしカットに行ってきました。

いまの時季は健康診断が多いタイミングなんですね。
だいぶ忙しそうで、先生は診療時間が押せ押せだし、
看護師さんは電話対応におおわらわ。

お寒ぅ ございます。

そんなとき、ひおりのように「元気に回復した子」を診るのは
先生や看護師さんにとっても、やっぱりうれしいことのようです。
いやぁホッとする~って。


でもねぇ、ここしばらく、執事が見つけて気にしていたこと。
左の脇腹あたり。ふだんは翼に覆われて見えないけど、
わき~っと、翼を高く大きく広げたときに見えるあたり。
ちょーっと、白いわた毛がくちゅくちゅっと。

先生。そこ、もしかしたらって思うんですけど・・。

病院嫌いなのにぃ~!

うん。すこーし、やってますね。

どうやらひおり、かくれ毛引きちゃんのようですよ。
ほんのちょっとね。

翼をぐわーっと上げたときしか見えないけど、
左脇腹のわた毛ゾーンに、
小さく穴が開いたみたいに見える箇所があります。

それに、両翼が重なってやはり見えにくいけど、
よく見れば背中の青い毛も、毛先がすこしザンバラ気味。

毛引き予備軍なのかなぁ?

あらら・・・
確かにどちらも、モグモグと盛んに毛づくろいをしてる部分です。
全体では毛がたくさん生えてきて、
頭とかおなかとか、すっかりモフモフちゃんになったと思うのですけど。


自咬には至っていないし、まあ許容範囲ですって先生。
わたしも執事も、まあ気にはなるけど気にならないっていうのか、
いまのところ、わりと大らか。(いまのところは、ですけどね。)


ひおりはこの1年で2回も入院したし、
ずっと狭い温室暮らしだし、強いストレスにさらされてきたはず。
もしかしたら、いまは元気になったものだから
温室暮らしはものすごく退屈なのかもしれません。
くちばしも伸びちゃうし、毛づくろいもやりにくいのかもしれないな。

消灯前には必ず包まれるの。

これから寒くなるから、
なるべくわた毛は大事にしてほしいですよね。

というわけで、この冬は様子をまったりと観察することにします。







にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村

スポンサーサイト