よいお年を。 


みなさん、大掃除はすみましたか?
わが家は…部分的にちょこ、ちょこ。で、終わってしまいそうです。

元旦のご挨拶は予約投稿をしておこうと思いますが、
数週間、ブログはお休みしようと思っています。
新年早々に、わたしが手術を受けることになりました。
といっても、特別に深刻なものではありませんよー。

01


ここからはカテゴリー違いになりそうですが、
自分のメモ的なこととして、ご容赦を。

入院期間は約10日間。
都心の某大学病院で、卵巣嚢腫を摘出してきます。
腹腔鏡だったらもっと早く復帰できるのですが、
腫瘍の直径が約15cmと大きいことと、
部分的に「境界悪性」と見えなくもない箇所があるということで、
スパッと!開腹手術になりました。

もともと今年の4月下旬に地元の総合病院で
手術を予定していたのですが、残念ながら
ドクターとの信頼関係が成り立たず直前でキャンセル。
今度の病院は3軒めの病院となります。

ネックは肥満と喘息ということでした。
とくに麻酔の管理に気を使わねばならないらしく、
最初の病院では、面倒だから「やりたくない」と言われてしまいました。
「ライ○ップにでも行ってきてから」なーんて言われて。
まあ確かに、それは事実ですから仕方ありませんでしたけど。

で、今回はさすがに症例の多い有名大学病院。

術前検査では、婦人科のほかにも
呼吸器科、循環器科、腎・内分泌科を受診。
心電図や血糖値でひっかかったりしましたが、
精査をすると、どちらも大きな問題はなく。
問題ないですよ、手術OKですよ、と言ってもらえて安堵です。
体重は、どうにか5キロ落とすのがやっとでしたけど。

ダイエットのせいか年末になって少し風邪をひいてしまいましたが、
これもしっかり治して、がんばってきます!


02

でもねー。
凛としばらく会えなくなるのが、ただただ寂しい。
執事にも、ちょっと大変な思いをさせてしまいそうです。
送り迎えとか、日常生活の不便とか。

03

足の弱くなった田舎の母までが出てくるといい、
その介護も必要と、運転手として兄夫婦と弟まで来ると。
大人が4人も5人もずらーっ…・・という光景を想像すると、
ありがたいけれど、非常に面映ゆくもあります。

それに、仕事もキャンセルしてほぼ1カ月は休養することになり、
そんなに休むのはわたし史上初めてのことなので、
これもなんだか落ち着かない。
おなかの傷はもちろん痛いだろうけど、お財布もかな~り痛みそうです。

ああ、せめてメンタルは強くいなくちゃ。


04

というわけで、2015年のエントリーはここまで。
また来年、どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんと、皆さんの鳥さんにとって素晴らしい一年になりますよう。




にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト