2017
03.21

30日分の折り紙。

Category: 凛 生活

凜のケージには、新聞紙素材の無地の敷き紙を使っています。

04

これは パパトーポ(PAPAGALLO E TOPO) というショップのもの。
これを、凜のケージの底に合わせて折っていきます。
最初はいちいちサイズを測って丁寧に折っていましたが、
すっかり慣れた今では、大まかな目分量で。
それでも、ほぼ同じ大きさに折り上がります。

01

ひとパックに30枚入り。
一日1枚使うので、これで30日分。約1ヶ月分の敷き紙です。
ストックが少なくなったころ、わたしがのんびりと、
一枚一枚折り紙をして補充します。

折りながら、ふと思います。
1か月ずつ、こうして確実に時間が過ぎていくんだなあ、と。
この作業を12回すれば1年分になる。
凜との一日一日を、こんな小さな作業にも確かに感じたりします。

03

マメルリハひおりの頃から、
フンの色や形を確かめるために使い始めた無地の敷き紙。
いまではわが家の鳥さんの必需品になっています。

02

凜のフンは緑色で水っぽくって。
マメルリハ時代だったら、なに、この色と形!大変だ!ってきっと思った。
今朝もまた、朝の溜めフンとペレットの食べこぼしで
底のトレーは汚れ放題。
でも、この汚れっぷりが凛の元気な生活そのものなんだな。




にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Comment:2
back-to-top