手でもあり、足でもあり。 


これは、手なんだろうか。足なんだろうか。

01

凜のおやつの食べ方やオモチャの遊び方などを見ていて、
いまさらですが、素朴な疑問を持ちました。

鳥の器官的にはやはり「足」なんだろうなあ、とは思うものの
おやつを持って食べるときは、あれはどう見ても「手」ですよね。
止まり木に乗っているときは「足」だけれど、
オモチャをつかんで齧ったりしているのは、やはり「手」に見える。
ああ、顔を掻くときもまさしく「手」だわぁ。

手なのか、足なのか。
手でもあり、足でもある。

02

ところで、犬や猫さんの場合だと、
利き手(利き足?)がほぼ性別で分かれるんだそう。
「男子は左利き、女子は右利き」というのが定説らしいです。
へーっ!

ならば、鳥さんにも利き手(利き足)はあるのかなあ。

そう思いながら観察すると、
凜は意外に左を多く使っているような気がします。

おやつを持って食べるときは、左で持つことが多い(ような)。
顔を掻くときも、左を顔に持ってくることが多い(ような)。
飛ぶ時はかならず時計回り。ときどきは8の字飛行もあるけど。

03

人間だと「左回りの法則」というのがあって、
陸上競技のトラックが左回り(反時計回り)なのは
心臓が左にあるのでその方がラクなんだ、なんて説を
学生時代の部活で聞いたことがあります。

04

そうすると凜はもしかしたら「左利き」?
犬さんや猫さんと同じように、鳥も男子=左利きだったりするのかな?

いやいや、競馬のサラブレットなんは確かに
右回りが得意、または左回りの方が成績がいい、なんて馬もいるけれど、
あれは性別じゃないと思うしなあ。






にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト