爪切りと定期健診。  


週末、病院へ行って爪切りをしてきました。

01

おかげで、凜は病院あとの数日間は「いい子」モード。
少し甘えっ子になり、ガブガブもいつもより優しいです。

でも、いつも不思議に思うのは、病院だとまったく喋らないこと。
たぶん緊張してるからなんでしょうが、
たまには先生や看護師さんたちに
「凛ちゃん、オハヨ!」とか「いたいでしょ!」とか、
お喋りをサービスしてあげてほしいです。

爪切りをすると、爪のひっかかりが甘くなるので
わたしとしては凛をつかまえやすくなって大助かり。
絨毯の上やタオルの上でも比較的かんたんに、
ほいっと凛の身体を持ち上げられます。

これなら、なかなか自分ではケージに帰ってくれない凜も
あっという間に戻せちゃいます。
凛自身も観念しているのか、あまりガブることもありません。

02

少し発情気味の仕草も見せていたのですが、
若い男の子だし、心配しなくても大丈夫でしょう、とのこと。
ウロコさんの精巣腫瘍は先生も診た記憶がないそうです。
それくらい問題の起こりにくい鳥さんだということかな。

老鳥になっていけばまた違ってくるんでしょうけれど、
とりあえずいまは、ひと安心。


凜の病院の翌日、江東区の大きなショッピングセンターで
ペットショップをのぞいてきました。
猫ちゃん、ワンちゃんの可愛い子がいっぱい!
ついでに鳥さんのコーナーも見てきました。

03

セキセイの雛、文鳥の雛、マメルリハの雛が並んでいました。
ちっさ~!
とにかく、ちっちゃい!

「マメルリハってこんなに小さかったっけ?」
「そうだよ、だって最初は凛のこと、デカくて触れないって言ってたんだから」

慣れってすごいものですね。
確かにマメルリハは体重35グラム程度なんだから、凜の約半分しかない。
いまとなっては、あの小ささ、頼りなさが手のひらの記憶になっています。

強く、儚いものたち。(あ、ちょっと旧い歌のタイトルだ)






にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト