空蝉の術。  


ある朝、いつものように凜のお世話をしていたときのこと。

04

わたしがお世話の方に気をとられていたら、
ふと凜が足場の悪い場所に乗ってしまっていて。
あぶないよ!と凜をフォローしようと思った瞬間、ガターン!

凜はちゃんと素早く飛んで逃げていて無事だったのですが、
驚いたのはそのあと。

02

凜がそれまでいたポイントに、ふわさ~っと山のような羽毛が!
どうやら、危機を感じて逃げる際に抜けたらしい。
まさに「瞬間脱毛」とでもいいますか。

集めてみると、おなかあたりの羽毛がほとんど。
なんだか、忍者がピンチをしのぐ「空蝉の術」みたいです。
一陣の疾風とともに、着物だけ残して姿は消え…というやつ。

思わず凛の身体をチェック…別にハゲちゃったりは…していない。
キズとか、どこか痛めたとか、そういうのもなさそう。
ああよかった。

01

行動範囲がどんどん広くなって、わたしの手の届かない場所も
行きたい気持ちが満々。
自我が強くなっているから、それをやめさせようとすると怒るし。

あ、怒るというか、いきり立っているときって
「ゴーッ、ゴーッ」ってうなるように鳴きますね。

03

今朝はなんと、6時前にわたしと執事を鳴いて起こした凜。
そのぶん夕方はお遊びが終わるなり、6時半には寝てしまいました。

いろいろ、すごいなあ。と思う凜です。





にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト