12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-10-15 (Fri)
ひなたは、日中は ラジオでFM を聴いていることが多いです。
最近は地元ローカルの、ミニFMみたいなのを聴いています。

ダイソンの掃除機の音もすきです。

この局がかけるナンバーが、懐かしいったらない。
この前は一日で松田聖子の「風立ちぬ」が3回流れたし、
ある日は山口百恵まつり。またある日は森高千里。

レトロ&クラシックな選曲が売りなのでしょうか。
ほとんどの曲を「あ、知ってる」自分が悲しい・・。

臆病さん?音には敏感なんだよ。

クラシックといえば、最近は、農業などの現場で
モーツァルトなどの曲が使われることがあるそうです。

例えばクラシックを聴かせて育てるトマトとか、味噌とか、ワインとか、日本酒とか。
音楽の波動がワイン樽に伝わって・・などと聞くと「な~るほど」と
分かったような気にもなったりしますが、
トマトの甘みが増すとか言われても・・ホント?

お花の中の王子様!

それでも、きっとひなたはクラシックが好きっぽい。
というのは・・・執事の感想です。

クラシックを聴いていると、どうも様子が穏やかだ。というのです。
特に弦楽四重奏がいいとか。

音楽は心の栄養さっ!

むー。そんなものか?
そういえば先代 あーきち は、なぜかトランスミュージックを聞かせると
ピキピキ騒いで踊ってた(ように見えた)し。
弦楽器のダイナミックなレンジとか、トランス系の電子音とか、
そういうのが鳥さんには感じられているのでしょうか。

あ! 一時期ちょっと話題になった「モスキート音」。
あれ、わたしは何度試してもとうとう聞こえませんでした。

お?この音はなんだろう?

わたしと執事にとってのクラシックというと、それは
70~80年代のアメリカン・ミュージックかもしれません。

ウエストコーストに代表されるカリフォルニア・クラシックス。
メジャーなアーティストでいえば、イーグルスやジャクソン・ブラウンなどの時代を、
リアルタイムからは少し遅れて、さかのぼるように聴いていました。

うえすとこーすと・・何かおいしそうな響きだ・・。

んー。ちょっと久々に聴きたくなってきました。
膨大にあるCD、最近整理も怠ってるし。
聴き出すと一日じゃ終わらなくなるけど、やりますか。

CDの中には、あの頃のわくわくするような空気がパックされています。



  あ、ハイドンの四重奏曲集CDみっけ。明日のひなたに ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 トラコミュ マメルリハへ
マメルリハ


スポンサーサイト
| ひなた | COM(6) |
コメント





















管理者にだけ表示を許可する