早すぎた。 


3月7日月曜の朝、東京は季節はずれの大雪になりました。なごり雪。
きょうは、その日の飼育日記から抜粋しようと思います。

お遊びの最中だったんだよ!

(日記)

ひなたはいつもどおりに8時に起床。
 
ガッツンガッツンと朝のベッドメーキングをしてから、元気にゴハン。
わたしは少し朝の仕事をしてから、
いつものように催促鳴きに返事をして10時35分からお遊び。
 
『ひなた~。あそぶよ~。』 と声をかけてケージの扉を開けると、
いつものようにピョン!と前に出てきて、
いつものように指に乗って、『ぴー!』 と楽しそうにくりかえし鳴いて。
 
いつものように粟穂を少し食べて、ひとつウンチを落としたあと、
自分からオモチャ箱によじのぼって、飛び降りて。
また歩いて指に乗って戻ってきて。
そうして普通に遊んでいたのに、不意に、呼吸がおかしくなりました。

一生懸命口を開けて鳴こうとしているのに、
ひぃ、ひぃ、ひぃ、と、ちいさい、かぼそい、かすれ声。
 
どうしたの?ひなた。おかしい! って思いました。
 
苦しそうな口の開け方。
『何か詰まったの?吐くの?』 とも思いました。
でもブンブン首を振ったりはしない。
 
ただ、すがるようにわたしたちを見つめるひなたの目。

執事がひなたを見ている脇で、10時52分に お医者さん に電話。
先生に説明してるあいだも 『ひぃ、ひぃ』と呼吸が速くて浅い。

すると、執事の肩でひなたが、 ころん。 と転がりました。

あっ!と思ったら、わたしの手の中で首がくにゃん。
目がゆっくりと閉じられていきました。

処置をするとかしないとか以前に、あっという間に、
呼吸がおかしくなってからほんの数分で、
遊んでいるさなかに、突然逝ってしまいました。 10時55分でした。

(日記・終)


ここは真っ白なんだよ。

はああ。 いまになっても、ため息しか出ません。
いったい何が起こったのか、しばらく二人とも放心状態でした。

診察してもらってはいないので、あくまでも素人の感覚ですが、
なんとなく心不全?心筋梗塞?「心臓」じゃないかな、という気がしています。

ここに蕎麦の実があると思われま~す!

不思議なことに、二人ともショックで力が抜けているのに、
けっこう冷静というか、淡々としています。

先生 が心配して再度電話をくれましたが、普通に話してたし。
先代のあーきちで慣れてしまったのか、
いつかこういう日はくるからと、覚悟は持っていたせいか。

でも、やっぱりね。 ぽっかりんこ。
悲しみよりも、喪失感の方が大きいです。

何かこれおいしそう~。

ただひとつ、二人がちゃんと家にいた時だったことは幸いでした。

自宅で楽しく遊んでるうちに、二人の手の中でことっと息を引き取った。
驚いたけれど、ちゃんと看取れた。

寝てる間に、とか、留守の間に、とかではなくて、
最期のときに立ち会えていたから。

天使になった かも?

また次の回に。



にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 トラコミュ マメルリハへ
マメルリハ

スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RAKUちゃんさん、執事さん。
心からお悔やみ申し上げます。

本当にお日さまのようだったひなたくん。
大好きなお2人に看取ってもらえたのが、ひなたくんにとっても最後の幸せだったのではないかな、なんて勝手に思ってしまいます…。

これからもひなたくんが、お日さまのようにお2人の心をぽかぽかさせてくれる…そんな存在であるよう、心から祈っております。

突然のお別れは誰にでもやってくると分かっていても
本当に突然すぎますね 驚きました
改めて小さな命の儚さと尊さに気付かされました
ひなたくんの温かな姿はたくさんの人の心に
ポカポカビタミンを与えてくれましたね

心からお悔やみ申し上げます

ただただ・・涙。
一枝に咲くミモザを見て、本当に「ひなたくん」を思いました。
黄色のとってもきれいな色。ビタミンカラー。
記念の花になります。
心おとしなくね。とても残念です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんと早すぎる・・・。
私、昨日訪問して知ったのですが信じられませんでした・・・。
ひなたくん、ものすごいスピードで鳥生を駆け抜けていったのですね。短かったけど、でも優しいおふたりと巡り合えて、大切に育てられて、幸せな日々を過ごしていったのではないかと思います。

心からお悔やみ申し上げます。。。。

初めまして。。。

いつも、こっそり見に来てました。
他の方のblogで紹介されていたのを見てから、ずっと、とっても綺麗なひなたくんを、見せてもらって、元気を貰っていました。
いつも、すごくツヤツヤのひなたくんを見て、勝手に目指せひなたくんで、目標にさせて頂いてました。
昨日、記事をみて、ほんとにびっくりして・・・お迎えされたころからおじゃまさせていただいているので、ほんとに突然で、涙がとまりません。
ご冥福をお祈り致します。お気を落とさずいてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Rakuちゃんさん
あまりの突然のことで我が目を疑い、言葉が出てきません。

我が家の黄色いセキセイひなたと同じお名前で、私の誕生日と同じだったひなたくん。
運命的なものを感じ、昨年やっとマメ飼いになれたことで、ご縁も出来たのに……。

輝くような眩しい黄色に宝石のような赤い瞳がとても印象的だったひなたくんのこと、ずっとずっと忘れません。
突然のことで気持ちがついていかないことと思います。
お二人の側で旅立てたこと、きっと淋しくなかったと思います。

ひなたくん、沢山の愛らしい表情や仕草をありがとう。
どうか安らかに。

今日、ミモザを買いに行ってきました。
ひなたくんの傍にいたくて買ってきました。

前回のタイトルを見た時に、信じられなくて信じたくなくて、どうしていいか分かりませんでした。
自分の中で時間が止まってしまい、何もできませんでした。
「ただ、すがるようにわたしたちを見つめるひなたの目。」
読んだ時に、胸が張り裂けそうでした。

でもひなたくん、Rakuちゃんと執事さんの傍で最後をむかえられたこと、寂しくなかったと思います。。。

Rakuちゃん、執事さん、お辛いでしょうがご無理なさいませんよう。どうぞお体ご自愛ください。
謹んでお悔やみ申し上げます。

  • [2011/03/10 14:49]
  • URL |
  • sumiremaman
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する