ぽっかりんこ。



もう、ひなたの朝のお世話はないんだな。

ベッドの中でぼんやり思いながら、
この数日、少しだけ朝寝坊させてもらっています。

今日もいい天気だな~。

月曜の大雪のあと東京は一気に春らしくなり、晴れの日が続いています。

火曜に、荼毘に付しました。

ひなたの顔は、だんだん目が開いてきてしまっていて、閉じてくれませんでした。
でも身体はピカピカつるつるのまま。
きれいな透き通った羽のまま、旅立ちました。

ひなたぼっこ。

いまはお骨が手元にあります。
四十九日の頃に、あらためて納骨しようと思います。


たくさんの励ましをいただいて、ありがとうございました。
ご心配おかけしてすみません。

こんなにひなたが愛されていたこと、
みなさんの温かいメッセージで、いまさらながらうれしく思いました。

わたしたち二人、自分たちでも意外なほど淡々としてはいましたが
それはむしろ「無気力」に近かったらしく、
困ったことに、わたしは月曜の夜から食事を作る気になれません。

ぽっかりんこ。

お友達から。

しかしまあ、ひなたが作った習慣は、簡単には消えそうにありませんね。

お遊びの時間だ!とか、まだこんな時間?とか、ついつい時計に目がいきます。
空っぽになったケージのOFFになった温度計が目に入れば、
あれ、ヒーターは? なんて思ってみたり。


どんなに元気でも、いつか遠くないうちに、かならずお別れはある。

覚悟はしていたつもりでした。

ただ、でも、早すぎた。
もっともっと一緒にいたかった。

これからどんな子になっていくのか、
ひなたとの生活はこれからだと、とっても楽しみだった。

また逢おうね。

あーきちのときは衝撃。ひなたは沈殿。

壁にぶつかって粉々に砕けたみたいな悲しさの一度目と、
静かに、深い水の底に沈んで溜まっていくような寂しさの二度目。

どこかで吐き出さないといけないのかもしれないけれど、
あえて、抱え込んで沈んでしまいたいような気持ちもどこかにあって。

突然死は原因ではなくて現象だから、つきつめれば必ず原因はある。
そのはずだと思います。
察知できなかったのだから、まだまだわたしたちは甘いのだ、とも。
いまは「突然死」ということばで、救われたいだけだろう、とも。


執事はなんとか気分を前向きにしようと
未来のお迎えについてあれこれ妄想を語りますが、
わたしはまだ、妄想する気にもなれていないです。

あーきちの後は、わたしは正直、少しだけホッとした部分もあって、
しばらくぶりのフリータイムを楽しもうとさえ思いました。

でも今回は、ひなたがいなくなったからって、
他にやりたいことなんて何もないんだって、分かってしまった。
そして、ちゃんとこの気持ちに向き合いたいと思うので、
まずは立て込んでいる目の前の仕事を終わらせようとしています。

僕のためにありがとう。

これからしばらくは、ひなたの思い出ばかりのブログになりそうです。
でも皆さんのブログは変わらずお邪魔しますし、コメントも残したいです。

どうぞ、徘徊をお許しください(笑)。

更新の頻度は減るかと思いますが、
どうぞこれからもよろしくお願いします。


ひなたを可愛がってくださって、ほんとうにありがとうございました。




追記:
この記事をアップした数時間後に、大きな地震がありました。
被害に遭われた地域の皆さま、お見舞い申し上げます。
わたしも実家が被災地のひとつで、連絡が取れず間接的ながら連絡がつき、
一応の安否は確認できたものの不安です。
ひなた~!みんなを守ってください。



にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 トラコミュ マメルリハへ
マメルリハ

スポンサーサイト

| 今日もひなたぼっこ。 3rd.Seasonホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは、ちゅん子です。

今日の地震、すごかったですね。
あれをひなたちゃんが経験しなくてすんだことが、せめてもの救いでしょうか。
ルンルンは怖がっていましたが、私が帰って、いちごを食べさせたら落ち着いたようです。
電気や水は大丈夫ですが、なぜかガスだけとまっています。

Rakuちゃんはちゃんと健康診断に定期的に行ってらしたし
それでも、全ての病気が見つかるわけではありません。
ニンゲンだってそうです。
予防というか、できる最善のことはしていらっしゃったと思います。
なので、どうぞご自分を責めないでくださいね。
Rakuちゃんと執事さんが苦しむことを、ひなたちゃんは望んでいないはずです。
お二人が笑顔でいないと、ひなたちゃんがお空で心配しちゃいますよ。
そして、お二人の気持ちがそういう方向にむいたら
その時に次のコをお迎えすればいいと思います♪

始めましてママンさんのところより参りました。
昨日、ひなたちゃんが守ってくれたのですね。
きっと本当にそうだと思います。
ひなたちゃんとてもかわいくてママンさんのところで見てはウットリ、たまにこちらに伺っては癒していただいておりました。
色んな人を癒してくれたひなたちゃん。
きっと生まれ変わってまたRakuさんのところに来てくれると思いますi-189i-189
地震まだまだ怖いですが、ひなたちゃんの分も頑張って生きないとですよね。
お互い頑張りましょうねi-176

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お越しいただいた皆さまへ。

ひなたへの温かいメッセージ、わたしたちへの励ましのメッセージ、
たくさんの皆さま、ほんとうにありがとうございました。

今週はひなたの出来事にはじまって東日本の大震災に終わり、
緊張と悲嘆と溜息の1週間になってしまいました。
震災の被害に遭われた皆さまには、心からお見舞い申し上げます。
なんだか、ひなたのことで沈んでいる場合でもなくなっています。
震災のことを思うと、沈んでいるのは失礼すぎますね。

実家の被害は奇跡的に最小限ですんだらしく、
かといって周りの状況を考えると手放しで喜ぶわけにもいかず、
あの海の町はどうなってしまったのだろうと想像するばかりです。
そして、もしかしたら家族を救ってくれたのは
天上へ昇ったひなただったかもしれないと、そんなふうに思っています。
ひなた、ずっと大好きだよ。ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する