12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-05-12 (Thu)
前回の健診から1週間。
ふたたびお医者さんへ出かけてきました。

1週間投薬を続けて、さて結果は・・はい、メガバクテリア、きれいに消滅しました!
早期発見・早期治療って大事ですね。
素直に菌が消えてくれてよかったです。
あと2週間、投薬を継続してしっかり撲滅させちゃいます。

メガバクターは返上でし!

で、問題は多飲・多尿の件です。

朝晩で減ったお水の量を計ると、ひおりは一日に約20gもの水を飲んでいました。
これはあまりに多すぎる!

多飲・多尿は換羽期や発情期にも起こることがあるそうですが、
ひおりは一過性のものではなく、なんらかの病気だと思われました。
しかも先週も今週も尿にたっぷり糖が出ており、
疑われるのは、糖尿病、尿崩症(脳の利尿ホルモンの異常)、腎不全。

2回目だと余裕があります!  今日も元気なスカイツリー。

なので、今回の健診では血糖値の検査をしました。
すると・・やっぱりねー。かなりの高血糖。立派な糖尿病の数値です。

さいわい腎臓と肝臓の数値は、まださほど悪くなっていなかったのでホッ。

実はわたしには糖尿病の家族がいるので、
わたしも執事も(人間の)糖尿病にはちょっと詳しいのです。
ある程度の知識があるので、ひおりがそれと聞いても動揺はしませんでした。

食べすぎ、飲みすぎ、火の用心?

でも、なんといっても小鳥ですからね。

今後、人間でいうインスリンなどの積極的な治療はできるものなのか。
進行してしまったら、どういう症状に気をつけなくちゃいけないか。
などなど、冷静にお話を聞いてきました。
糖尿病は、毎日の生活の中でじっくりと付き合っていく病気です。

かきかきがストレスを無くすのです!

ただ、こんな若齢の鳥での糖尿病は本当にめずらしいのだそうです。
なので、もしかしたら心因性による高血糖も考えられる。

そう、ストレス

強いストレスがかかるとステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)が増え、
これが高血糖を引き起こすのだそうです。

負けないもの!

おお。もしかしたら。
わたしたちに、ちょっと明るい予感が芽生えました。

続く。


にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 トラコミュ マメルリハへ
マメルリハ

スポンサーサイト
| ひおり お医者さん。 | COM(10) |
コメント

























管理者にだけ表示を許可する