12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-05-26 (Thu)
先日の誤嚥騒ぎからしばらくして、
メガバクの注射のためにひおりの病院へ出かけた際に、
小鳥のブリーディング&販売 をやっていらっしゃるという方と
待合室で一緒になりました。

記憶にございません。

小鳥の扱い方など大変参考になるお話を聞けたのですが、
その方がひおりを見ておっしゃるには。

「昨年の12月生まれ?・・・そこまで若々な子ではないような・・」
さらに、
「顔つきや羽の色から見ると、トヤも2回くらいは済ませてるかも?」
とおっしゃるのです。

ひえ~っ

かきかきは大好きなんでし。

実は最近、以前からお世話になっているペットケアアドバイザーの方からも、
ブログの写真から同じような感想をいただいていたのです。

「オッサン顔」って(笑)。

いわば鳥のプロともいえる二人の方に、
お一人は写真で、もうお一人は注射の後で凹んでいる状態ではありましたが、
期せずして同じような感想を抱かれるなんて。
それにドクターにも、そもそも
「この若齢で糖尿病はめずらしい」っていわれてるし。
さてはひおり、さては。年齢サバ読み~~!?

めったに見せないワキッ!

もちろん、縁があってわが家にやってきた子ですから、
それで愛情が冷めるわけではありませんが。

本当のところ、どうなんだろう?
鳥さんの年齢診断とか、そういうのってあるんだろうか?
などと思ったりもしました。

とりあえずは、お迎えしたショップの情報を信じるしかないのですけどね。

カボチャの種はおいしいな!

年齢サバ読み。
わたしの方が、そろそろ、したいと思ってます(笑)。



にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 トラコミュ マメルリハへ
マメルリハ

スポンサーサイト
| ひおり | COM(18) |
コメント

































管理者にだけ表示を許可する