とりぼん。


鳥さんを飼うようになってから、さまざまな鳥の飼育本を読みました。

とりさんの本のお話なの。

扱いの多さでいったら、やはり王道はセキセイさん。次点でオカメさん、かな。
マメルリハはまだまだマイナーらしく、どんな本でも登場するのは少ないです。
マメ専門ブックが、いつか出てくれないかなあ。

で、今回は最近の愛読書を2冊、ご紹介します。

僕にはむつかしいんで頭がかゆいのだ!

まず、いま毎日ベッドで寝る前に読んでいるのが
「インコの心理がわかる本」というもの。
まさに、セキセイとオカメを中心としてインコ全般のお話をしています。
主旨はインコの生態から行動心理学、といった感じなのですが、
難しくない。 
平易で、身近で、とても親しみが持てる内容です。

著者が「作家、サイエンスライター」ということもあるかもしれませんが、
ありがちな「鳥のために、ああしましょう、こうしましょう」ではなく、
著者自身が日々の鳥さんとの暮らしの中で見つけてきた、
ボディコミュニケーションとでもいうのでしょうか。

たとえば、
鳥は自分を鳥だと思ってる?
どうやって人間の感情を読み取っているの?
インコは、自分の病気や老化をどう感じているの?
トラウマになること、トラウマの残り方は?
などなど。

飼育本としての How to はともかく、興味深い一冊です。

とりぼんズ。

また、もう一冊これは手元に置いておきたいなと思ったのが、
ご存知、鳥と小動物の病院リトル・バードの小嶋先生による
「コンパニオンバードの病気百科」です。

お持ちの方も多いと思いますが、ちょっと専門的ではあります。
サブタイトルに「飼い鳥の飼育者と医療に関わる総ての方々に薦める」とある通り、
感染症から栄養失調、中毒、神経症状など
さまざまな症例が詳しく説明されています。

写真も「お食事中の方はご遠慮ください」的なものが多いかも。

自分や家族が病気だったら、ちゃんと調べますもんね。
飼い主が生半可な知識で自己診断してしまい、
それで病院に行かなかったりしたら問題ですが、
病院に行くために、知識を得ておく。というのも大事な気がします。
鳥のドクターと話をするのでも、ベースとしての知識が少しでもあれば、
話をするスタート地点が違ってくると、個人的には思います。

あってよかった「家庭の医学」みたいなもの。

次回は僕の事も書いてね! 

あ。 きょうはひおりの話題がなかったー!


インコの心理がわかる本~セキセイとオカメインコを中心にひもとく~
細川博昭 著(誠文堂新光社)

コンパニオンバードの病気百科
小嶋篤史 著(誠文堂新光社)



にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 トラコミュ マメルリハへ
マメルリハ

スポンサーサイト

| 今日もひなたぼっこ。 3rd.Seasonホーム |

コメント

題名見た時、ひおりくんの頭がぼんっ?
な~~んて思っちゃいました。
インコの心理がわかる本。
表紙のかわいさに購入。為になっております。
セキセイ・オカメ王道いってます。
でも一番はマメだな~。
私じゃないと!!!と、自負してます(笑)

はじめまして

こんばんは☆ミ
先日はブログのほうにお越しいただき
ありがとうございます~(*^ー^*)ノ
もしかして同じ病院なのかなと思って
読み逃げしてました。ごめんなさい。

「インコの心理がわかる本」
内容が気になるので、私も購入しようと思います。

ひおりくん、とても羽色がきれいな子ですね♪
ナデナデしてもらってウットリ顔もめっちゃ可愛いですi-80

Re: mayukoさん。

ひおりのアタマがボン!って(笑)。どんなシチュエーションなんでしょう。
いろいろ妄想してしまいました。自分の中で最もヒットしたボン!は、
パーマをかけてアフロになったひおり(笑)。
サザエさん+バカボンパパで「サザエボン」っていうのもありましたね。
マメルリは独特ですよね~。と、いまさらながらに思います。
なかなか他の鳥種にまで興味がいかないワタシです。
うんうん、マメ飼いさんはみんな同じく
「ワタシでなくちゃ」って思ってるかも!

飼育本、私も色々と持っています。
前に飼っていたのが文鳥だったので、文鳥本が多いのですが(・ω・)
インコの心理がわかる本、大人気だそうですね!
私もコンパニオンバード15を購入するついでに…と思って本屋に行ったら、ニギコロ指南が載っている本を買ってしまいましたw
次本屋に行ったときは買ってこなくては…!
確か執筆されてる方はオカメ飼いで、たくさん本を出しているんですよね~。他の本も興味があります。

コンパニオンバード13でマメ飼い大不評のマメ特集をみると、日本ではマメの本を執筆できるだけの方がいらっしゃらないのでしょうかね?
ペットになってからの期間が他の鳥に比べて圧倒的に短いというのもあるのでしょうが…
たまーに総合インコ飼育本でこんな鳥もいますよ紹介でマメが載っていると、ついついレジに持っていきそうになりますw

ひおりくん、かきかきされて気持ちよさそう~♪

Re: ひろさん。

こんにちは!わたしもこっそりブックマークさせていただいてました。
同じ病院のお仲間みたいですね。とっても親しみを感じてしまいます。
ひおりはお迎えから1ヶ月のあいだにいろいろ問題があり、
一時は虹の橋を渡りかけ、先生にも大変お世話になりました。
身体のケアと心のケア、頼りない飼い主なので毎日お勉強です(笑)。
これからもどうぞよろしくです!

Re: みじんこしゃまさん。

鳥飼いさんのサガでしょうか。
鳥の出てる本とか鳥モチーフのグッズとか、つい色々買ってしまうんですよね。
最近グッと堪えたのは、鳥さん模様の雨傘。
でも、いつかきっと誘惑に負けそうな気もしてます(笑)。

コンパニオンバード13のマメ特集って、なんかすごい乱暴者みたいな書き方だったようなw
確かにそういう面もあるにはあるけれど、
それでも尚あまりあるマメ特有の愛嬌を、広く皆さんに分かってほしいものです(笑)。
そう思って、わたしもなんとかブログを続けているのでした~(笑)。

インコの心理、インコの家庭の医学、うんうん、必要ですよね!
私も猫本あります。でも、ちゃんと勉強していないなぁ。。
そろそろ新しいものを・・・と思っています(A^_^;

ひおりクン、キレイで可愛いなぁ(^o^*)
 ↓ 仮免で飛んでいる姿がなんとも言えず可愛いです♪ 
脇の下!!めずらしいショットですね。
ヘェ~ッ、毛が少ない?!のかな~(^_^)??

Re: まりんさん。

ネコ本!いっぱいありますよね~。
それこそアイドル写真集みたいな可愛すぎるやつがズラリ。
あの可愛さは反則だと思います(笑)。
ふにゃんふにゃん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する