12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-08-06 (Mon)

ここ数年、何かの記憶をたどろうとするときは
まず鳥さんの記憶からスタートするようになりました。

「えーっと・・そのときにあの窓辺にいたのは、誰だったっけ?」

最近の窓辺には僕!

最初にわが家にきたマメルリハ・ブルーのあーきち。
あの子がうちに来たのが2006年の3月で、
お迎えの日は寒くて雨降りで、
わたしはひどい風邪でショップまで迎えにいけなかったっけ。

あの春にものすごくパワープレイされていた曲が、
湘南乃風の「純恋歌」と大塚愛の「フレンジャー」だったなー。とか。


マンションの外壁工事をした2009年の秋は、
あーきちの健康状態にハラハラしながら
工事が少しも進まなくてイライラしていたなー。

あれは台風が毎週毎週やってきたせいだったなー。とか。

テレビから流れてくる音楽大好き!

2羽め、赤い目のルチノーひなたがやってきた頃は、
ちょうど2010年の冬のバンクーバー五輪に向けて
フィギュアスケートで盛り上がってたなー。

確かその冬の終わりに人生初のインフルエンザにかかり、
仕事をドタキャンするはめになったなー。とか。


ひなたの突然の最後の日は、2011年の春の大雪だった。
そして、その数日後に
あの震災が起こってしまったんだなー。とか。

最近は呼び鳴きするんだぞ!

ラジオで○○が流れていたのは・・・
○○へ初めて出かけたのは・・・
ついに○○を買ったときは・・・
あの服を着て○○したのは・・・とか、

すべてが鳥さんの記憶とつながっています。
確かに、毎日書いている飼育日誌は、
読み返すまでもなく、わたし自身の日記になっていますね。


あーきちで4夏、ひなたで1夏、
そしていま、ひおりで早くも2夏。

上手く表現できないんですが、
時間の流れ方──速さとか、濃さとか──が、
あーきち時代も、ひなた時代も、もちろんひおり時代も、
それぞれ違った感覚があるんですよね。
とっても不思議です。

いろんな事して遊んでください。

でもね。今度こそ、もっとずっと長く、一緒にいたいよ。
「誰だったっけ?」じゃなくってね。




にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト
| ひおり | COM(4) |
コメント



















管理者にだけ表示を許可する