体重ノートと日記。




きょう月曜日、またまた面会に行ってきました。
ひおり、病院ではシャキッとしていて元気そう。

でも体重は強制給餌をされて26gということで、
退院後は、自分でどこまで食べてくれるかがカギになりそうです。

もともと、「食」に対して関心や執着の薄い子なので
場合によっては、自宅で強制給餌をする必要が出てくるかも。
飼い主が(執事が)練習することになるかもしれません。

帰宅準備完了!

で、10月22日に最初の入院をしたひおりですが、
毎日の日記と体重チェックのノートを付け合せてみたら、
違和感は9月下旬~10月初旬にあったと分かりました。

9月下旬・・・
こんなに食べてるのに体重が増えないな~とぼんやり感じていた。

10月初旬・・・
なんとなく体重が下がり傾向にあるな~。でも糖尿病は治った!

そして10月10日頃・・・
最低体重を割った。(一応27.0gが最低体重と思っています)
ちょっと膨らんでいたのでヒーターを1度上げる。
アクティブな時間帯とスイッチが急に切れる時間帯がある。

10月12日頃・・・
また体重は持ち直した。
外が寒くなってきたせいか、たまにケージの外に出たがらないときがある。

10月14日頃・・・
また体重が下がり傾向。
寒い日は食べるよりも寝る方が優先の感じ。
とくに午前中は静かに寝てることが多い。



あー、ここでもう1℃~2℃、ヒーターを上げるんだった。と後悔。
肌寒い日があれば汗ばむ日があったりの、
この秋いちばん不安定な気候でした。

糖尿病が治ったことで、ちょっと油断してたかなあ。
わたしもこの時期、ものすごく多忙で
毎日いっぱいいっぱいだったかも。

お外は寒くなったらしいね。

いまとなっては「たら・れば」ですが、
いまになって分かることもあって。

たとえ左足が少しくらいおぼつかなくなったとしても、
生きていてくれるだけでOK!

退院はあさって水曜日です。




にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

| 今日もひなたぼっこ。 3rd.Seasonホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鳥さんって体調悪くても、少しくらいならかくしちゃうと思うので、
なかなか難しいですよね。

ひおりくん、退院が近そうですね~!
楽しみですね!^^

ユーリも時々、調子が悪いのに食欲がない時がありまして。
ペレットをお湯にとかしたものを、くちばしにつけてあげるときがありました。
ひおりくんが、どこまで必要になってくるか…ですね。
いい方向に向かってくれますように♪

そしてそうなんです、こちらは室内があったかいんですよね~。
建物がそういう作りらしいですねえ^^

Re: とくささん。

できれば強制給餌は避けたい!
薬を誤嚥させてしまった苦い過去もありますし。
でも、いよいよそれしか手立てがなくなったら仕方ないですね。
腹をくくって(?)執事に頑張ってもらいます・・・って勝手なわたし(笑)。
ユーリくんの状態も、ちょっと気にしてたんですよ。
元気がいまひとつなのかな?と思って。
小さい子は小さいなりに生きていってくれれば、
思いっきり元気に飛び跳ねなくたっていいから、とは思うのですが
ユーリくんにも穏やかでいてほしいです。

あっ!黄色いマメのイラスト、かわいかったです。
あれはひおりじゃなかったかもしれないけれど、
勝手にそう思って、入院中の慰めにしてました。
ありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する