2013
03.18

ケージ帰還、いつにしよ?

Category: ひおり

くちばしカットのために、また 病院 へ行ってきました。

ここのところ、わたしの病院、執事の病院、そしてひおりの病院と、
毎週のように病院の予約が入っています。
すべて定期的な通院なのですが、
どれも一日がかりになるのが大変ではありますね。

病院はきだいだの!

でも、ここへきてひおりはやっと、
次の段階へ進める見込みがつきました!
体重も30.0g平均をキープできるようになってきたし、
先生の見立てでもOKサインが出ました。
いよいよケージに帰還!いや、むしろ再デビュー?です。

どきどき、わくわく。
もう温室生活4か月以上なので、
考えるだけでわたしたちの方が戸惑います。
ケージ生活を忘れてしまってるような、ヘンな感覚。
ひおりには久々のケージはどう映るんでしょう。
鳥さんって、じぶんが「元いた場所」とかって
覚えているものなのでしょうか?

おデブさんで飛べないかも。

狭い温室生活だったから、きっと筋力は落ちてるだろうなあ。
広いケージの中でさくさくと移動できるのかしら。
ごはんを食べに、ちゃんと上から降りてこられるのかしら。
なにより、寒くないかしら。

そう!引越しには寒さが大敵なのです。
この4か月間、暑がるくらいの完全暖房で過ごしてきましたから。
これまでのようにはいかなくても、
できるかぎり暖かく過ごさせてあげないとだめだし。
気温ももう少し安定してからにしようかな。
んー、過保護の溺愛ママであります。

心強かったのは、やはり先生の見立て。
「この子、あったかくなりましたねー」と。

1か月ほど前までは、ほんの数分だけ保定されているあいだにも
くちばしが白っぽくなり、足がひんやり冷えがちでした。
体温が低い気がする、とも言われていました。

ケージで早く遊びた~い。

体温がじぶんでキープできるようになったんでしょうね。
肉付きよし!もう少し増えてもよし!
やっと体重も体型も、いい感じになりました。

桜の咲くころになったらケージかな、と思っていたら
ことしは妙に桜が早いんですね。
梅はあんなに遅れていたのに。
うれしい未来に、なんだか慌ててしまう春なのです。



にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
ひおりくん、体があったかくなったんですねー。
先生からの心強い見立て、嬉しいですね!
過保護の溺愛ママになるの分かります!!!!
ほんとほんと、ケージ帰還は慎重に。。。
うちのスミレはケージ帰還失敗してますから(汗)。
ケージに戻してすぐにまた体調崩してしまって…。
でも今は元気になって、昼間はケージで夜は看護ケースの生活です。
まだ朝晩寒くなりますものね。
嬉しい未来はすぐそこ。慌てずにゆっくりいきましょ~♪
sumiremamandot 2013.03.19 17:37 | 編集
おひさしぶりです~。コメントありがとうございます。
スミレちゃん、いまは元気になったのならよかったです!
桜がこんなに早く咲いてしまったり、ものすごい風が吹いたり、
寒暖差も激しいし、東京も結構おかしな気候ですもんね。
小鳥さんだって体調くずしちゃいますよ。
なので、この記事をアップしておきながら、
1週間たってもまだケージ帰還に踏み切れていないわが家です。
まあ、ちょっと肌寒いなと思ったら即、温室に戻すことにして
本当にそろそろケージに戻してやりたいです。
お天気がもう少し安定してほしいかな。
焦らずゆっくり、やっていきますね~。
Rakuちゃんdot 2013.03.24 11:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top