マヒってるのかなー?



ひおり、水曜に退院しました。
と思ったら…新たな不安要素を確認してしまったので、
またまた入院が延びております。

無事出所出来たのにとんぼ返りだゼィ!

新たな不安要素とは、左足です。
なんだかどうも、動きがおかしいんですよね。
ちょっと前に「グー足にドッキリ」って記事を書きましたが、
またそれが出てきてしまいました。

退院して帰る車中で、わたしにはちょっと違和感があったんです。
止まり木の上でちゃんと立っているのに、
なんだか方向転換しにくそうだな、と感じました。
からだの向きを変えるのにとても迷ってる感があって、
やっと向きを変えられても、止まり木から片足が落ちちゃって
そのまま足が上がらなさそうだったり。
左足で右足を踏んづけたままで立っていたり。
車の揺れに、思わず開いて踏んばった両足が
そのまましばらく閉じられなかったり。

で、帰宅してから数時間してもそれがひどくなる傾向だったので
不安でたまらなくなり、また病院に電話。
だって、よたよたとコケてばかりなんですもの。


病院に戻ってあらためて足を診察してもらうと、
保定されたときも右足はちゃんと開いているのに、左足がグーのまま。
ちょんちょんと軽く刺激してもなかなか開かない。反射が鈍い。
プラケースの中に降ろしてみても、グー足のままでそっと立ってる。
しばらく時間がたつと、ようやく徐々に指が開いていくみたいでした。

病院のヌシになってやるのだ!

入院中はこんな症状は見られなかったのになあ、と
先生も驚いてました。

以前の記事「グー足にドッキリ」のときに先生には報告したことがあり、
先生もそれはちょっと気になる、ということだったので
今回、やっと先生に現場を目撃してもらえたのは大きかった!

先生の方でもあれこれ可能性を考えつつ
状態をチェックしてみたいということで、
もう少し入院生活が延びることになりました。


胃腸炎の方はかなり改善されていて
あとは自分で食べてくれれば・・というところまできましたが、
まだ食欲は戻っていません。

もしかして、グー足は低血糖によるもので
食欲が戻れば足も治ったりして??

なーんて、「希望的な希望」をわたしたちはまだ持っています。

7月12日にお見舞いに来てくれたのだ!

それにしても、やっぱりその症状が出ているときを
目撃してもらえないと伝わりにくい。
こういうときのために動画をたくさん撮っておくのは大事だな・・と
あらためて思いました。

というわけで、ひおりの入院生活はもうしばらく続きます。





にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

| 今日もひなたぼっこ。 3rd.Seasonホーム |

コメント

ガンバレ~!

こんにちは!
お暑うございます。
今回の再入院、ショックでしたでしょうね。
でも、症状が出ていることろをドクターに診てもらえたのは
良かったと思います。
きっと適切な診断、治療をしてもらえると思いますので
どうか安心してドクターにお任せするのが一番ですね。
しかも、今自宅に帰ってきてもこの暑さなので
病み上がりの子には辛いかもしれないですね。

私もマヒの子はよく知っていますが原因はいろいろです。
なのでそれがわかればすぐによくなると思いますので
どうか今は見守ってあげてください、
一日も早くよくなって退院できる日が来ますように
指折り数えて待っています。
くれぐれもお大事に!

Re: ミッチさん。

こんにちは!応援ありがとうございます。
一度入院すると、ひおりの場合はいったん調子を落とすみたいです。
環境の変化なのかなあ。しばらくすると病院にも慣れてくれて、
また上昇してくるのですが。

マヒと言っていいのかどうか分からないような片足の動きづらさですが、
先生とじっくり検討会を重ねています。
外的、内的、心的と原因はいろいろ考えられるので
ひとつひとつ可能性をツブしていく感じです。
ミッチさんがご存知のマヒの子は、どういう経過なのでしょう。
こういう症状って意外に多かったりするのでしょうか。

追伸:

再度コメントします。
私が知っている麻痺の子というのは
内臓疾患からくる神経障害が原因でという子が多かったです。
なのでその原因を除けば治った例が多いです。
でも、それだけでなく様々な原因が考えられますので
先生がおっしゃるように一つずつ消去法でつぶしていき
原因を特定していくということになると思います。
その間は入院していて先生が診てくださっているので
ご心配でしょうが安心していいと思います。
どうか早く原因が特定されますように祈っています。

Re: ミッチさん、重ねてありがとうです。

わざわざ追伸コメントくださってありがとうございます!

そうですか、やはり内臓疾患からの麻痺でしたか。
ひおりは、いまのところ全く立てないとか歩けないとかではなく
一時的にそういう症状が出る・・という感じです。
多分、ひおりも同じく内臓疾患か、あるいは心的なものなんだと思います。
いちばん可能性が高いのは、胃腸炎による
栄養不足、ビタミン不足、低血糖とか、そのあたりかも。
食べられさえすれば、案外ケロッとしそうな気もするんです。
とにかくもうしばらくドクターのもとで頑張ってもらわなくては!

フレーフレー、ひおちゃん!

こんにちは、ちゅん子です。

Rakuちゃん、気丈にブログ更新してくれていますが
きっと心は不安なきもちがいっぱいあると思います。
私もルンルンも、ひおちゃんを応援しています。
そして、私たちだけじゃなくて、このブログを訪問してる皆さん全員がひおちゃんを応援しています!!
今、こんな暑さで、ニンゲンだって体にこたえる暑さなのに、こんなに小さな体のひおちゃん、
やっぱり体調に影響するのかもしれません。
おうちにいたら温度管理も難しいですし、お医者様のところにいれば安心だと思います。
なんか…ありきたりな言葉でしか言えないんですけど、本当に、ひおちゃんの回復を願っています。
Rakuちゃんと執事さまも、心配でしょうが、お体お大事に。
この暑さですからね~、夏バテしないように!!スタミナつけてください!!

Re: フレーフレー、ひおちゃん!

ちゅん子さん、ご心配かけております。
ひお、もはや半分先生の家の子状態です(笑)。
毎日電話して様子を聞いたり、一日おきのペースで面会に行ったりと
人間もなかなか頑張っておりますよ。
でもね、このたまらない酷暑で熱中症の鳥さんも増えているというのに
ひおはねー。なんと33℃+床ヒーターのサウナルームがいいんですって。
切り花が3日もつかどうかって暑さなのに、
どこまで暑いのを求めているんでしょう。
ホント、そろそろちゃんと戻ってきてほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する