去年のいまごろは。 


そういえば、昨年の秋に危ない状態になって
ヒヤヒヤ、ハラハラしたあのころ。

ひおり日記を読み返してみて、あらためてまたドキドキしちゃいました。

ぽかぽかお天気大好き~!

ごはんをあまり食べなくなって体重減がとまらず入院して、
いったん退院してきたのが昨年の11月の1日でした。
でも、なかなか望むほどの保温・保湿ができず夜中は寝ずの番。

未明にてんかんのような発作が起こって、
早朝にもかかわらず ドクター に電話をしたり、
朝一番で病院へ出戻りしたり。

保温室の「キュア」を導入したのもこのときからでした。
いやー、ほぼ丸々1年以上、温室生活になるとは思わなかったです。
先日の健診時、ドクターに「あれから1年です」と言ったら
ドクターも「おー!もう1年か!いやー大変だったなあ」としみじみ。

あのときは1日5回の強制給餌でしたから、
ドクターにとっても相当な負担があったと思います。

Cureに住んでもう1年経つのか~。

またこの夏には昨秋以上にお世話になってしまったわけで、
「しばらくは何も起こらないようにしたいですねえ」」と
“チームひおり”の誓いを新たにしてきました。

ひおり、ただいま朝の体重は約32g、夜は約34g。
いずれも食後の体重です。非常に安定しています。
これくらいでキープしたいですね。

それにしても、まさかのペレット食への切り替わり。
もっと幼いうちからペレットを食べてくれていたら
体質ももしかしたら変わっていたのかも?って思います。

一人だと何もできません!

人が見ていないと食べない。
姿が見えなくなると呼ぶ。
それでも誰も来なければ、すねる。いじける。

飼い主への依存度はかなりのものがあります。
でも、それもこれも生きていてくれたから、ですね。
と、あっま~い飼い主は「依存上等!」と思っています。

わが家のプライオリティは、ひおり最優先なのです。




にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する