糸がにょろ~ん。



おかげさまで、ひおりの左目は経過良好。
1週間ほど抗生剤と消炎鎮痛剤を飲ませ、
土曜日には再診も済ませました。

元気になったので水浴び!

果たして原因はなんだったのか…。
わたしと執事は「ぶつけた」のが直接的な原因だと感じていますが、
専門家の先生からすると、う~ん…とうなってしまいます。

たぶん、いろいろな症例が先生の頭の中を巡っていられるのでしょうね。
ぶつけたのかもしれないし、異物が入ったのかもしれないし、
感染があったのかもしれないし。
「ぶつけた」だけで、あそこまで腫れるものだろうか?と。

さて、再診の際には、足指に絡まっていた極極細の糸を発見。
かなりしつこく絡まっていて、ハサミで切っても
なかなか外れないくらいでした。

さらには、もう一本。ほっそぉ~い糸がにょろ~んと。
これはなんと、先生曰く「目から出てきましたよ?」ですって。
全員で「んなバカな」と笑ったのですが、
「いや、いま、これは何かな?と引っ張ったら目から糸がつる~っと…」と先生。
どちらも髪の毛よりも細い、たぶん何かの繊維なのだろうと思いますが
老眼のはじまった(笑)わたしと執事には、ほとんど見えません!

病院きらいなの!

でも、そういえば以前ひおりの身体からは
うまく発育しなかった羽や毛が糸くずのようになって、
引っ張るとふわ~っと抜けることがあったので
それに近い感じかなあ、と思います。
でなきゃ、地球の神秘です。
目から糸を生む鳥!

足指の方も、その糸のせいで血行が悪くなっていたとか
そういうことはありませんでしたが、
先生が気がついてくださってよかったです。

いや、「あれ?なにか関節に“すじ”が入ってる?」って
思うことはあったのですが、見えなかったんですよ(笑)。

台風で濡れたのではないのだ!

ともあれ、ひおりは元気にしています。
12月になったら、なんと4歳です。ウソみたい。




にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

| 今日もひなたぼっこ。 3rd.Seasonホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する