ひおり危機一髪。腹水(1) 


前回健診から10日ほどしたある夕方のこと。
食後の体重が、とん、と前日より1g増えていました。
おや?いきなり増えてる。そんなにたくさん食べたかな?

ポンポン痛いの~!病院いくの?

次の朝、ウンチがどうも少なめでした。
昨夜の体重からすれば、普段よりもっとウンチが増えているはず。
なんだか腑に落ちないなあ。ちゃんと食べているのに。

また次の日。やはりウンチが少ない。少なすぎる。
体重は変わらず。でも、前日までとは違って食欲がなさそう。
全体におとなしいし、眠りがち。呼吸もやや速い。
それに、しきりにお尻の方を気にしてるんだよなあ。と、
その日は留守番だった執事。
帰宅したわたしも心配になり、もう受付時間外でしたが病院へ連絡。
翌日の朝に診察となりました。

わたしと執事は、なにか排泄肛のあたりの炎症とか、
もしくは何か詰まってしまってウンチが出ないとか、
何か腫瘍などできていたら大変だね、などと予想していました。
ところが…。


おなかが張っている、というので急遽レントゲン&エコー検査。
なんと、おなかに水が溜まっている。腹水、でした。

おそらくは高血圧によるもの。
ひおは元々、ザッザッと心雑音が聴こえていましたから、
なにかしらの心疾患はありました。
その心機能が落ちて血圧が上がり、血液中の水分が血管の外にしみだす。
そして体内に溜まる。

レントゲンでは、腹水で胃や肝臓が圧迫されているのが分かりました。
これだとウンチも出にくいし、ごはんも食べにくい。
息もしにくいから、呼吸が速くなる。
止まり木にとまっているのもキツくなる。
そう、その前夜から、夜は止まり木を降りて床で寝ていたんです。

さて、どうするか。先生と飼い主の話し合いです。
普通ならすぐに入院
治療は利尿剤と血管拡張剤が主体になるけれど、
薬で水がどの程度出てくれるか、くれないか、
先生としてはひと晩経過を見ないと不安だと。
でもこの子の場合は、入院するとおそらく食べなくなってしまう。
そうなると体力が落ちていくばかり。

お注射してきたの。

悩みましたが、やはり連れて帰ってきました。
利尿剤と抗生剤を注射してもらい、血管拡張剤を飲ませ、
ひと晩自宅で様子を見て、また翌日に診察を受けることに。
チアノーゼなどの兆候があれば緊急電話をすることにしました。

結果としては、ちゃんと薬が効いて尿が普段よりたくさん出てきました。
まだ背眠しがちではあるけれど、起きているときは顔つきもシャキッとして、
ごはんも自分からガツガツと食べてくれました。
おなかのハリが緩和されて、少しはラクになったみたい。

高血圧かぁ。
そういえば1か月くらい前には、眼圧が上がってしまったんだった。
あれも兆候だったのかな。だったら両目に出たはずだよねぇ。
はあぁ。緊張の3日間。



にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

うぅ、、、ひおりくん大変でしたね。。。泣
タイトル見て「あっ!」って声が出ちゃった。
実はね、原因は違うみたいだけれど、スミレも同じく腹水なの…。
えーん、同志よ!泣

でもひおりくん、薬効いてよかったですね!
うちの子も利尿剤がよく効いてて、胸の辺りまでビショビショになるくらいに水が出ます。
敷き紙なんて大きな水たまり。
利尿剤は即効性があるから、注射の後は途端にだるそうになって、、
翌日までけっこう怠そうだけれど、翌々日からはすごく元気になる♪
ごはん食べてくれるようになると一安心ですよね^^

Rakuちゃんはさすが、3日間で対応できてる所が、やっぱりすごいと思います。
私は何か変だなと感じていても、「発情してるから」と言われればそれまでで、
先生に、家でのスミレの状況をうまく伝えられなかったことを、今すごく後悔してる。。。
何週間もスミレに苦しい思いをさせてしまったのではないかと。

腹水(1)ってことは、(2)もあるのかな?
また色々勉強させてくださいね。
ひおりくん、お大事に!

  • [2014/11/16 14:51]
  • URL |
  • sumiremaman
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Re: ママンさん。

ママンさーん、心配かけてごめんなさい。っていうか、
なぜかママンさんちとは、体調を崩すタイミングが合ってしまうなあ。
そんなもの、合わなくていいのにね。
でも、同志です!思いを重ねてがんばりましょう!
ひおりは、いまのところ60%回復ってところでしょうか。
利尿薬が効いてくれて尿がずいぶん増えました。
でも、昔の糖尿病時代の多尿には及ばない量です。
あの頃のビシャビシャが、いま欲しい(笑)。
多尿で困っていた子が利尿剤を使うようになるとは・・って。
3日で対応できたというのは、それだけ急激な変調だったからで
ラッキー以外のなんでもないです。
スーちゃんみたいに卵巣系の問題がないからよかっただけ。
逆に言うと、スーちゃんの変調は複雑でつかみにくいですよね。
発情してるからって言われたら、やっぱりそうかな、って思っちゃいます。
でもでも、飼い主が変だと思ったらやっぱり変なんですよ。
そこだけはお互い、強い気持ちでいましょうよ。
闘病記ブログにはしたくないってママンさんの気持ちは分かるので、
スーちゃんの様子は、よかったらメールください。
エールをおくります!

  • [2014/11/16 22:59]
  • URL |
  • Rakuちゃん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する