春の色。 


先週は都心にも雪がちらつきましたが、
お日さまだけなら、「春はもうすぐ」という感じです。

ぽかぽかお日様が好きです!

ひなたぼっこをしながら、ほんのりと日に染まる
ひおりの足とくちばし。
ピンク、桃色、桜色、淡紅色。
ひおりの姿を見ながら、きれいだなあ、思います。

以前は血色が悪くて、いつも診察の度に先生に
「色が悪い」って。「白い」といわれる日も、
「黒ずんでいる」といわれる日もありました。

でも、わが家はほかに比べる鳥さんもいないから、
そうなの?どういう色ならいいの?分からないなあ。
って、正直思っていました。

何を見てるのかな?

これが血色のいい色なんだな、と思えるようになったのは
けっこう最近のことです。
脚の色、くちばしの色、まぶたの色、
背中の毛をかきわけたときの地肌の色。

昔とはまったく違うピンクです。
とても温かそうな色。そして、その印象そのまま
ひおりの身体はポカポカと、湯たんぽのように温かい

利尿剤の後などに、ときどき
ビシュッとおしっこウンチを噴射してしまうときの、
あの熱さといったらビックリです。

袴付きピンクあし。

このピンクと、羽のイエローのコントラストが
まさに春の色。
ことしもあっというまに春が来て、夏になり、秋が過ぎ、冬になる。

一年は早いぞ!







にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する