適温は何℃ですか。 


わたしは暑がりで、体温が上がると咳込んでしまうので
わりと涼しめ、むしろ寒い日の方が好きです。

ぽかぽかお日様ぐらいが好きかも!

厚着をして、でも布団は蹴飛ばして寝ているパターン。
天気予報の最高気温を見ると、
わたしの体感はそこにプラス1℃、と考えるクセがついています。

でもお風呂は熱めが好みで、最近のお湯は42℃設定。
通常は41℃なんですが、ここのところ冷えたので。

こういう、「あと1℃」が微妙で、けれど大きな差。

ひおりにもそれはいえるらしく、
ひおりの適温は31℃~32℃です。

それ以下だと寒くてふくらみ、背眠。
それ以上だと暑くてハアハア、両肩上げちゃう

活発に動いて、しっかり食べて飲んで、ちゃんと寝て…というのは
適温帯にいるからです。

暖かいと眠くなるのでし。

いまのひおりは看護ケア用の「キュアー」がマイホームなのですが、
これは本来、がっつり保温をするための療養ハウス。
なので温度管理はかなり助かっているのですが、
それでも場合により28℃まで下がってしまったり、
逆に34℃まで上がってしまったり。

ヒーターが強力なので、いったん稼働すると
目標温度に達しても余熱で上がってしまうのですね。
この過剰な余熱だけは、どうにもコントロールしにくいです。

なので、そういうときは真冬でもうちわでパタパタ、
キュアーのまわりに風を送ったり。アナログですねぇ。

お日様まぶし~ぃ!

冬場にひおりを連れて病院へ行くと、
周りの鳥さんたちが非常に薄着で来院しているので、
完全防備なひおりの状態が、なんだか不思議にも思えます。

「わずか1℃」に、こだわるわが家(笑)。



にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する