12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-04-06 (Mon)

都内の鳥専門店を2ヵ所見たあとは、
正直、まだお迎えは決めかねていました。
漠然とウロコインコ、とは思ってはいても、
一緒に暮らすイメージが湧かなかった。

衝撃的出会いかも~!

だって、小さなマメルリハしか知らないわたしたち。

そんなとき、「こんなショップがある」と
執事が鳥の雑誌で見つけたのが「えとぴりかTOKYO」。
もうすぐオープン1周年なんだそう。
こじんまりとしたお店だけれど、中型・大型の鳥さんがずらり。
わたしと執事はネットであらかじめ当たりをつけて、
「この子に会ってみたいな」と出かけていきました。

えとぴりかTOKYO

ネットで写真とデータをチェックしてから会う。
なんだかお見合いみたいですね。
性別検査を済ませてあるので
男の子がいい!というわが家の希望もかないました。

そしてご対面。
ケージから出してもらうと、とても人に慣れています。
ふだんのお世話が行き届いて、大事にしてもらってそう。
重い。たくましい。存在感あるなあ。
ちなみにマメルリハは通常で約30g少々。

顔をのぞきこむと、鳥さんも顔を上げて
じっ…と目を見てくれました。
集中。アイ・コンタクト。
ちゃんと言葉さえ通じてるような、不思議な感覚。
「ウロコインコは賢い」という声をたくさん聞いていましたが、
なるほどなあ、こういうことなのかな。

いま中型・大型は非常に人気があるらしく、
店頭にいる鳥さんも、どんどん入れ替わります。
おぉっと思うほど高価な鳥さんが、あっという間にお迎えされちゃう。
すごい。
ここにアベノミクス(もう古い?)があったのか。

凛も、出会いがその翌日だったら
きっといま、わが家には来てくれていないかも。
焦っても仕方ないとは思いますが、
これ!という子に出会ったら即決する度胸というか、
勢いは大事なのかもしれませんね。

ああ、そんなところもお見合いに似ているかな?

音量注意!!

↑動画が見れない方はこちら

動画はショップにて2度目のお見合い。
動画のタイトル「最初の」は間違って上げちゃいました。

バックグラウンドで大鳴きしているのは、挿し餌をねだるアオメキバタンの子です。
あまりの鳴き声に笑えます。疲れないんだろうか(笑)。




にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 凛 お迎えのあとさき。 | COM(8) |
コメント























管理者にだけ表示を許可する