凜のウォールクライミング。 


自分で見つけた遊びはとても楽しくてやめられない、凜です。

01

最近の凛のマイ・ブームは、引出しの把手です。
ケージから出てくると、とにかくすぐに床に降りる。
たーっと歩いて、ワゴンチェストの前へまっしぐら。

05

引出しの把手につかまって、なんとか上の段に登っていきたいらしい。
でも、引出しの深さがあるので、自分の力では登れない!

そこで試しに、引出しの把手にちょいと梯子を引っ掛けてみました。
これは別に目新しいものでもなく、最初から普通に
バードジムで遊んでいたパーツなのですが、
「ここを登れば?」と教えてみると、まあ、凛の目の色が変わりました。

03

片足を引っ掛けただけの不安定な梯子を足場に、
凜のウォールクライミングです。
登る登る!
でも、残念でした。一番上の段は半端に開けておいてあるので、
ここがいわゆる「ネズミ返し」になっている。
どうしても、自力では最上段に届かない!

02

上に行きたい!上に行きたい!と、
からだをグイングイン揺らしてアピールします。
根負けして、手に乗せて最上段へ行かせてあげると
そこに置いてある紙やポーチの革ひもを楽しそうに齧ったりして。

04

梯子があれば、届かない場所へも登れるんだ!と
凜が思っているかどうかは分かりません。
でも、梯子の上り下りはとても楽しそうです。

それよりも、飛んじゃえばいいのにー。
と、思うんですけどねぇ。





にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

Comments

Rakuちゃん
コメントありがとう。
とりからちゃんが旅立ってしまいました。
時々じ~ん。と悲しみに襲われます。
凛ちゃん瞳の輝きがいいですね。
上の三枚見ても「おっ」「うん?」「困った」
表情が伝わってくる気がします。
元気が一番。小鳥との日々って幸せと感じます。
執事さんもお元気?また遊びに来てください。

Re: mayukoさん。

mayukoさん、コメントありがとうございます。
寂しくなってしまいましたね。
あんなに小さな、たった一羽の、マメちゃんなのに
その喪失感の大きさにはあらためて驚かされます。
れんくんの寂しさも、見ていて切ないですね。
一時は喧嘩ばっかりになってしまったと記憶していますが、
やはり一緒に育ったもの同士、なにか感じているのでしょうか。
そう、覚悟はしていてもツラい。その都度ちがう悲しみがあって。
こんな気分になるときは、
ああ早く春になってあの黄色い花が咲くようにと願ってしまいます。

  • [2017/02/04 18:54]
  • URL |
  • Rakuちゃん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する