ヒーターを撤去。 


ゴールデンウィークは初夏の陽気になりました。

02

凜の生活時間も夏モードになっていることだし、
もう気温(室温)も急激に低くなることはなさそうだし、
ということで連休に入ってヒーターを撤去しました。

もともとそこまで保温に神経質になることはないと
頭では理解していたのですが、
なんたって先代鳥が30℃の保温ルームで
完全看護のマメルリハでしたから。

ウロコさんは保温しなくても大丈夫、と言われても
すんなりとは受け入れ難かったのが正直なところ。
まず最初の冬はしっかりめに保温、
二度目の冬は温度を下げて緩く保温。
そんな感じでここまできました。

01

冬のあいだはエアコンをつけて、夜間の室温がなるべく20℃は
切らないように調整してきました。
これは人間のためもありましたけど(笑)。

だから、ケージに設置してあったヒーターは実際にはほとんど稼働せず。
確か1~2回しかONにならなかったはず。

これなら、次の冬はヒーター自体をもっと小さい(弱い)ものに変えて
補助的に使えばいいかも。
40ワットくらいのの電球1つで足りるんじゃないかな?
なんて思っています。

03

外したヒーターを分解してみると、中が結構汚れていました。
ペレットの粉とか、気づかないうちに溜まっているものですね。

本当に、凛の元気さ、頑丈さに脱帽の毎日。
これからはむしろ、熱中症に気をつけようね。





にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

Comments

お久しぶりです

こんにちは。

私が信頼しているブリーダーさんは、

『保温は
「百害あって一利無し」ではなく
「百害あって一利有り」です。』
と仰っています。

飼い鳥さんに寒さや暑さに慣れさせ、
季節感を感じさせる事は必要だと分かっているけれど、
飼い主の私が寒いもんだから、
鳥も寒いのではないか?と心配になってしまいますよね。
保温の問題って、
人間の方を教育するべき問題なのかもしれません。

ウチは3月末でヒーターは撤去しました。
設定は最低温度の15℃。20W 1個。

私もやっとここまできました。
鳥は大丈夫です。

4月に健康診断に行ってきました。
クラミジアの検査も受けてきました。
どちらも問題はありませんでした。

換羽がきたらやれやれなのですが、
今春は発情問題が大変でした。

今年の冬はそれを抑える為、
本格的にヒーターなし生活に取り組みたいと思っています。

飼い主はもっともっと勉強しなければいけませんね。










Re: fukutowaさん。

fukutowaさん、こんにちは!お久しぶりです。コメントありがとうございます。

15℃ですか!すごいですね。
わが家は最初の冬(幼鳥)が25℃、今年は22℃まで落としました。
来冬はもっと落とせそうです。

そうなんですね。冬でも外で飼われるような
ベテランさん、強者さんもいらっしゃるのですね。
でも飼育環境は各々ですし、とてもとても真似できないです。
凜はマンションのリビング暮らしなので、つまりは室温飼い。
真冬に暖房を一切使わず窓を開け放してでもいない限り、
15℃までも落ちそうにありません。
ヒーターも、設置してあるだけの安心保証の意味が大きいかもです。

でも、シンガポール生まれのせいもあるのか
凜は全体的に、(飼い主的には暑いくらいの)暖かい方が
調子よさそうなんですよねぇ。むむ。

  • [2017/05/07 16:38]
  • URL |
  • Rakuちゃん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する