2010
01.19

まるでスターの「出待ち」のような。

Category: ひなた
むか~し、むか~し、やったことがありました。

コンサート会場の楽屋口で、それは「出待ち」ではなく「入り待ち」でしたけど。
お目当てのアーティストが現れるのを、わくわくしながら待っていたものです。

で、いまは毎朝毎夕、ケージから「よいしょっ」とお出ましする黄色いいきものを、
やったー!ひとりで出てこられたねー!と手をたたいて待っています。

2010_01_19_04.jpg


ひなたは、「そろそろ遊んで~!」と催促はしてくるのに、
いざ扉を開けてもなかなか出てきません。

しかもケージの中に手を入れられるのも好みません。いまのところ。

まだまだ臆病なんですね。

なので、放鳥時は毎回扉をあけてから
こちらで声をかけたり音を出したりして気をひきます。
後はしばらく、待つ。待つ。

2010_01_19_02.jpg


あくまでも自分のペースで、止まり木から降りてケージの壁をつたって、
まるでコルテオみたいな体勢をとりながら扉口までやってくる。

途中で指に乗るように促しても、「やだ。じぶんで降りられるもの!」とばかりに自己主張。

時には方向を間違ってか?中に戻ってしまって、あれ?ってこともあります。
そうしてようやく扉口に降り立ったときは、とても得意そうな顔をします。

なんだかハイハイしてる赤ちゃんと、その脇で盛り上がってるパパママみたい・・・。
まるで 「た○ひよ」の世界じゃん!と、ツッコミたくなります。


2010_01_19_03.jpg


その甲斐あってか、だんだんお出ましまでの時間も短縮されてきました。

以前いた子は出るのが待ちきれなくてフライング気味だったので、
いつも「あっち!」と指示をして、奥にいったん行かせてから扉を開けてましたが、
いま思い出すと、う~ん。あの技、すごかったかも。

あれは立派な芸だったと思うのですが、
はたしてひなた、あれをマスターできる日がくるでしょうか?




明日への糧となりますので  ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hinata2010.blog12.fc2.com/tb.php/7-a8b8ef0d
トラックバック
コメント
ひなたくん、あたたかい太陽の光のような、きれいな黄色ですね。見ているこちらまで、心がほんわかとしてきました。
Nondot 2010.01.20 21:09 | 編集
>Nonさん。
ありがとうございます!
この子が来てから部屋の中がパッと明るくなりました。
この明るさと暖かさを少しでもおすそ分けできたらうれしいです。
Rakuちゃんdot 2010.01.21 10:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top