12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-06-11 (Fri)
ひなたの夢をみました。

ストーリーは全く憶えていないし、さほど意味のある夢でもなかったと思うのですが、
ひとつだけ、鮮明に憶えてるシーンがあります。

こんにちは!

なんと、扉を開けるとフロアいちめんにひなたが密集・・!
いえ、正確には「ひなた」はそのうちの一羽だけで、
後の何十羽、何百羽は「黄色いマメルリハ」なんですが。

ぴよぴよ、ぴよぴよ、とみんな盛大に鳴いていて、
いやー、まるでひよこ農場放し飼いのような。
考えようによってはモフモフ天国のような。

なんだこれ?

で、わたしと執事(執事も登場するあたり出来過ぎ)は、ふたりで
なんとか「ひなた」を見つけて、連れて帰ろうとするわけです。

けれど、「ひなた!ひな!」とどんなに名前を呼んでも、
あっちこっちで「ぴい!」「ぴい!」と返事が返ってくる。

頭が下がります。

この子かな?こっちの子かな?と一羽ずつ手に乗せて、
まゆ毛は?色は?大きさは?とじっくり見分けようとしてみても、
どの子もそれらしく見えてしまう。

「もし違っていたら、当たりのひなたはどんなに悲しいだろう」なんて思うと
どれか一羽を決めるというのがとても難しくて、怖くなって。

結構、夢の中で途方にくれていました。

むふふ。

夢はそれで終わったのですが、
もしそんなシチュエーションに(ありえないけど)なったら、
う~ん。見分ける自信、あるかな~と。

むかしはお祭りの夜店で、ひよこ売ってましたよね。
「カラーひよこ」なんて、いま思うと怖ろしい気がしますが。

あんな中から、この子だ!って間違いなく見分けられるのかって、
ちょっと胸張っては言えないなあって思いました。

頭がでかい?

今日は夢の話。
こんどはもっと心から楽しい、ひなたの夢をみたいです。



 ちぇっ、ぼくの見分けつかないのかー。とすねるひなたに、 ポチ! お願いします。
    
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
| ひなた | COM(11) |
コメント


























管理者にだけ表示を許可する